前へ
次へ

人材派遣の種類等について

人材派遣には、常用型派遣や登録型派遣、紹介予定派遣などという3種類があるようです。基本的に人材派遣では、働く場所となる会社とは雇用契約結びません。代わりに、派遣会社が派遣される人の雇い主となります。まず、常用型派遣とは、派遣会社から常に雇用されるという立場になることを言います。派遣の期間が終わってしまっても、雇用されるという関係がその後も続くものになります。派遣会社での正社員や契約された社員として働くことになるため、雇用の形が安定しているとも言われています。次に、登録型の派遣では、色々な種類の職業の仕事が経験することができることが魅力の1つです。派遣された会社などでトラブルがあった場合にも、派遣会社が相談に乗ってくれるようです。そして他に、派遣会社は、仕事が欲しいという要望などの相談にも対応してくれます。最後に、紹介予定派遣は、派遣先の企業からの直接的な雇用がされることを前提として働くことになるようです。働いてみたいという気持ちがあっても、迷いがあるという時に、企業に言えないような悩みも派遣会社に相談することができます。

Page Top